カテゴリー

アーカイブ

J-Cotton Club
お問い合わせ:0120-65-8740(無料)/03-3803-331(携帯・IP)

お布団の学校

"2011年07月"の記事一覧

  • 【メディア掲載情報】東京土建荒川支部「機関紙 おれたち」 インタビュー記事掲載

    メディア掲載情報 | 2011.07.27

    毎月10日発行の東京土建荒川支部「機関紙 おれたち」第513号
    「モノづくりと匠の町 あらかわ」にて、弊社をご紹介いただきました。

    荒川区の伝統的な企業、一途な企業として、
    弊社の事業と弊社社長の取り組みについて掲載いただきました。

    クリックすると記事をご覧になれます。
    oretachi.jpg
  • 【お客さまの声】神奈川県在住 システムエンジニア 柳澤さま

    お客さまの声 | 2011.07.21

    神奈川県で一人暮らしをされている柳澤さまに
    はじめての羽毛布団リフォーム体験を語っていただきました!

    柳澤さまは現在システムエンジニアとして活躍されています。

    TOP_001_YANAGISAWAsan.jpg

    住宅環境:軽量鉄筋アパート
    お住まい地域:関東
    寝具環境:畳のお部屋。お布団は直敷で。

    注文されたサービス:羽毛リフォーム 無地 キナリ シングル(150cm×210cm)


    ■愛着のあるものだから、もう一度使いたい

    -花嫁わたスタッフ(以下「花」):
    布団リフォーム・布団打ち直しというサービスは以前からご存知でしたか?

    -柳澤さま:
    全く知らないサービスでした。
    買い直すのがもったいないと思いWEBで調べて、花嫁わたの布団リフォームを知りました。

    -花:
    弊社のサービスを使ってみようと思ったきっかけは?

    -柳澤さま:
    今回リフォームした羽毛布団は、大学入学で上京した際に
    祖母が買ってくれた思い出の布団です。
    愛着ある布団だから、再生しもう一度使いたいと思っていました。



    ■電話で問い合わせて納得。

    -花:
    はじめて利用されるサービスということで、ご不安な点などはございませんでしたか?

    -柳澤さま:
    そうですね。
    はじめてのことなので、サイトを見ただけではわからない部分や不安な点もあり、
    思い切って問い合わせの電話をしました。
    実際にサービスなど説明を聞いて納得しました。

    -花:
    お電話でお問合せいただいたんですね!
    ありがとうございます。
    サービスの他にはどんな部分をお話されましたか?

    -柳澤さま:
    布団の回収と納品の配送方法についてお聞きしました。
    注文後にまず「回収袋が届く」、それから「布団を回収に出す」
    「リフォーム後の布団を受け取る」3回のやりとりがあるので
    一人暮らしですし、帰宅時間も遅いので不安だったのですが
    事前にお電話で確認いたので安心して布団を預けることができました。



    ■ボリュームアップした羽毛布団

    -花:
    実際にお届けしたお布団はいかがでしたか?

    -柳澤さま:
    羽毛布団をリフォームする前は、側生地をチャックに引っ掛けてしまい羽毛が飛び出てきて
    部屋の中をふわふわと飛んでしまう状態でした。
    また、長年使っていたのでぺったんこになっていて、元のように戻るのか正直不安でした。
    でも、納品されたお布団は驚くほどボリュームアップしていて、大満足です。


    YANAGISAWAsan001.jpg

    -花:
    ご満足いただけて、とてもうれしいです。ありがとうございます!


    -柳澤さま:
    もうすぐ母の誕生日なので、実家の両親へのプレゼントにしてもいいかなと思っています。


    ■海外生活を経験し、日本の住環境の快適に気づきました

    -花:
    柳澤さまは海外生活をしていたとお聞きしたのですが、
    ご自宅は畳とこたつがあって和風テイストで意外ですね。

    -柳澤さま:
    海外で仕事をしていた時に、日本の畳とこたつのある生活っていいなと思っていて、
    日本に戻ったら、畳の部屋に住もうって決めていました。

    -花:
    畳の生活はどうですか?

    -柳澤さま:
    やっぱり、畳に布団を敷いて眠るのは気持ちがいいです。
    海外に行ってはじめて日本の住環境の快適さに気づきました。

    YANAGISAWAsan003.jpg

    ■人と人とのつながりを大切にしたい

    -花:
    畳のお部屋にぴったりの沖縄の三線(さんしん)があるんですね!演奏されるのですか?

    -柳澤さま:
    まだはじめて4年ほどなんですが、沖縄をバックパックでまわっていたころに
    沖縄のおじいが三線を弾くと周囲の人たちが集まってくるのを見てとても気になっていました。
    東京に住んでから三線を習い始めたんですが、三線を通してとても多くの方と出会いました。
    それがとても嬉しく、人と人とのつながりを今はとても大切にしています。

    -花:
    すてきですね!日本の文化、人とのつながり。大切にしていきたいものですね。


    愛着あるお布団だから、長く大切に使っていきたいと語ってくださった柳澤さま。 mini_001_YANAGISAWAsan.jpg ありがとうございました!

    布団リフォームについてや布団のケア・メンテナンスについて
    布団カバーの注文方法について
    ご不明な点やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    contact.png