カテゴリー

アーカイブ

J-Cotton Club
お問い合わせ:0120-65-8740(無料)/03-3803-331(携帯・IP)

お布団の学校

"布団の豆知識"の記事一覧

  • 【布団の豆知識】寒さ対策(ペットボトル湯たんぽ)  

    布団の豆知識 | 2011.03.29

    東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、
    社員一同心よりお見舞い申し上げますとともに、
    被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
    まだまだ寒い日も続いておりますので、どうぞ皆様お体を大切になさってください。

    お布団についてのお悩みなど、ぜひ花嫁わたまでお問合せください。
    お布団に詳しいスタッフがご相談をお受けしております。

    本日は、ニュースなどで話題の
    「ペットボトル湯たんぽ」をご紹介いたします。
    停電時の寒さ対策としても、冷たいお布団を暖めるのにも便利なペットボトル湯たんぽ。
    お湯が手に入るかたは是非参考にしてください。


    用意するもの:お湯、空きペットボトル、タオル
    空きペットボトルはなるべく厚手のものを使用してください。
    薄手のペットボトル(ミネラルウォーターなど)は熱で変形しやすいため、
    おすすめできません。

    P3281345.JPG


    「ペットボトル湯たんぽ」の作り方:

    1) お湯を準備します(指で触れる程度の熱さがおすすめです)

     熱湯を注いだり、薄手のペットボトルを使用すると、
     下記の写真のように、変形したり、歪んだりしてしまうので、注意してください!
     P3281349.JPG  

    2) ペットボトルにゆっくりお湯を注ぎます(この時火傷に注意してください!)
     お湯は8分目程度入れるのがおすすめです。
     P3281350.JPG

    3) タオルでペットボトルを包みます。
     ペットボトルが直接肌に触れない様に、必ずタオルにくるんで使用してください。
    P3281355.JPG

    P3281356.JPG

    P3281357.JPG

    P3281358.JPG

    (低温火傷をしないようにタオルなどで温度調節をし、充分に注意してご使用ください)

    P3281359.JPG

    4)完成です!


    少しでも暖かく、快適な夜をお過ごしいただければうれしく思います。
    布団打ち直しについて、布団のお悩みについてご不明な点やご質問などございましたら、
    ぜひお気軽にお問い合わせください。


    contact.png

  • 【布団の豆知識】布団の豆知識の記事を更新しました!

    布団の豆知識 | 2010.12.27

    布団の豆知識の記事を更新しました!


    hanayome_re2.png【布団の豆知識】布団の打ち直しと花嫁わたの歴史
    花嫁わたと布団打ち直しの歴史を少しだけご紹介いたします。



    pht03.jpg【布団の豆知識】わた布団から羊毛混布団へチェンジ大作戦
    花嫁わたの布団打ち直しでは、わた布団から羊毛混布団への打ち直しができます!



    s04-5.jpg 【布団の豆知識】「今使ってる布団の種類がわからない!」でも、大丈夫です。
    掛布団?敷布団?羊毛布団?羽毛布団?綿(わた)布団?
    お布団の簡単な見分け方をご紹介いたします。


    _10Y6168.jpg 【布団の豆知識】和綴じとキルトの違い?-わた掛布団打ち直し
    花嫁わたの「わた布団」縫製は2種類。
    昔ながらの和綴じ布団や、洋風のキルト布団の違いをご紹介します。


    PB020809.JPG 【布団の豆知識】ぺったんこ座布団活用法
    畳のお部屋だけでなく、ソファのあるフローリングのお部屋でも
    意外に重宝する座布団。みなさんは普段はどのようにケアしていますか?


    shikifutonbest_2.png 【布団の豆知識】お布団のベストサイズとは?
    敷き布団のベストサイズをご存知ですか?
    理想的な敷布団サイズご紹介します!

  • 【布団の豆知識】布団の打ち直しと花嫁わたの歴史

    布団の豆知識 | 2010.12.27

    昔の「布団の打ち直し」をご存じですか?


    「布団の打ち直しを体験して、
    母が自宅で布団を作っていた、幼い頃を思い出しました。
    床の間いっぱいにわたをひろげて、わたの繊維が飛び散るものですから、
    マスクの代わりに手ぬぐいを口にあてて、一生懸命に手伝ったものです。
    最後に、きらきら光るお蚕の真綿をのばて
    布団の四方をぐるっとかこんでいた仕上げたものです」


    記憶の中に残るみなさまの布団打ち直し体験のお話を
    お電話でお聞きすることがあります。


    布団の打ち直しは日本の昔ながらの文化の一つ。

    今回は、花嫁わたと布団打ち直しの歴史を少しだけご紹介いたします。


    「お客様の気持ちを大切に、社会と環境に貢献したい。そんな思いで」
    花嫁わたは、明治14年に綿屋として創業しました。
    2010年の8月には創業129年を迎えました。当時よりお客様の気持ちを第一と考え、
    戦後の混乱期も継続して顧客満足のために努力してまいりました。
    創業当初から平成のはじめまで、製麺業・新品布団の販売をおこなっておりましたが
    「今ある布団を捨てたくない」というニーズから、平成2年に「布団仕立て直し・丸洗いの花嫁わた」を設立。
    価格提示、配送システムの自社独自開発でお客様の利便性を追求し、
    事業を拡大してまいりました。

    hanayome_re.png

    [花嫁わた歴史年表]
    -------------------

    明治14年8月
    吉村家当主第9代吉村利八により静岡県富士市にて綿屋を創業。

    大正7年頃
    東京府下北豊島郡日暮里に移る(現在の荒川区補菓子日暮里5丁目)
    当時は、打ち直しの需要は非常に高かった。

    大正9年頃
    現在の東日暮里6丁目に吉村製綿所として工場(24坪)を増設。
    東京でも珍しいカード機(製綿用機械)、増設付属、機械用モーターを入れる。

    昭和20年頃
    吉村武夫が花嫁わたの社長に変わる。
    空襲で日暮里の工場が羅災し、武夫により足立に移る。
    終戦後、日暮里に戻り、1200坪の土地(現在地)に製綿工場を作り、布団の製造を再開する。

    昭和40年
    東海花嫁わた株式会社を立ち上げ布団の販売会社として東海以西を販売エリアとする。
    本社花嫁わた株式会社は製綿及び布団の販売(東京以北が販売エリア)として営業展開し、花嫁わたブランドの販売網を全国に構築する。

    平成2年
    時代が大量消費時代に移る中で、日本における綿布団の製造・販売分野で他社に遅れ始める、その中で先代吉村信一郎社長は「今ある布団を何とかしたい」というニーズがある事をつかみ、新品布団の製造/販売を完全に離れ、布団打ち直し、丸洗いの花嫁わたを設立した。21世紀を迎えても時代の変化及び消費者のニーズや動向を捉え、信頼と顧客満足を基本理念とする。

    平成15年
    環境省第1回パイロット事業(2003年度)エコアクション21(環境活動評価プログラム)合格。10月登録申請。

    平成21年
    吉村祐介が代表者となる。吉村信一郎は会長に就任し、現在に至る。

    -------------------

    花嫁わたでは布団についてのご相談を受付ております。お気軽にお問い合わせください!

  • 【布団の豆知識】わた布団から羊毛混布団へチェンジ大作戦

    布団の豆知識 | 2010.12.19

    わた布団を持っているが、最近人気の羊毛布団が欲しいなぁと思っている方へ

    押し入れの中に昔のわた布団を眠らせていて
    最近デパートの寝具売り場で羊毛布団を買おうか迷っている。
    でも、押し入れのわた布団はどうしようか。。。と迷っている方におすすめの方法があります。

    花嫁わたの布団打ち直しでは、わた布団から羊毛混布団への打ち直しができます!

    下記の羊毛布団打ち直しコースをお選びいただき、今お持ちのわたの掛布団やわたの敷布団をお出しいただければ、3分の1羊毛が混じった羊毛混の布団に仕上がります。

    youmoukake.jpg

    youmoukatawatasiki.jpg

    youmousushiki.jpg

    花嫁わたの布団打ち直しは下記のように自由に作り直しが可能です。
    しかし、お持ちの布団の中素材は普段あまり気にしていないもの。。。
    そんな時には花嫁わたまでお気軽にお問い合わせください。


    花嫁わたのわた・羊毛布団打ち直し

    s05-2.gif

    わた布団、羊毛布団の特徴を確認されたい方は、下記の記事を参考にしてください。

    s04-5.jpg 【布団の豆知識】「今使ってる布団の種類がわからない!」でも、大丈夫です。
    掛布団?敷布団?羊毛布団?羽毛布団?綿(わた)布団?
    お布団の簡単な見分け方をご紹介いたします。

    その他お問い合わせなどございましたら、お気軽にお電話にてご相談ください。

  • 【布団の豆知識】「今使ってる布団の種類がわからない!」でも、大丈夫です。

    布団の豆知識 | 2010.12.04

    布団カバーのファスナーが引っかかり、布団の側生地に穴が開いてからというもの
    中の素材がふわふわとでてくるようになってしまった。。。。
    布団の側生地がいつの間にか破けてしまった。。。

    布団をリフォーム?打ち直し?してみたいけれど、
    そもそも今使っている布団の素材がわからない。。。そんな方へ
    今使っている布団を確認する方法をご紹介します。


    確認のポイント1)
    まず、上に掛ける布団か、下に敷くための布団か確認してください。


    □上に掛ける布団=掛布団です。
      掛布団は3種類あります。

      ●本掛布団=冬本番に使う布団

      ●合掛布団=春・秋に使う布団
        冬には下記の肌掛と合わせて使われる方も多いようです。

      ●肌掛布団=夏に使う布団


      ※上記は決まりではありませんので、住宅環境や好みに合わせてご検討ください。


    □下に敷く布団=敷布団です。
      花嫁わたの敷布団は大きく分けて3種類あります。

      ●ふっくら敷布団=昔ながらの和綴じのふっくらした敷布団

      ●硬わた敷布団=中心に心材を入れて仕上げた、体が下からしっかり支えられる敷布団

      ●薄敷=2枚敷き派の方にちょうどいい敷布団




    確認のポイント2)
    標示紙(品質タグ)をチェックすることで、今お持ちの布団の中素材を確認できます。



    □上に掛ける布団で「羽毛」の記載があれば→羽毛布団リフォームができます。

    □「わた」「綿」「ポリエステル」の記載があれば→わた・羊毛布団の打ち直しができます。

    □「羊毛」「毛100%」「ウールマーク」の記載があれば→わた・羊毛布団の打ち直しができます。

    ※「羽毛」の敷布団、「反毛」「毛綿」「真綿」の記載があるものは、
      →申し訳ございません!弊社では取り扱いできません。

    残念ながら、標示紙が消えてしまったという方は、花嫁わたまでお気軽にお問い合わせください。




    ふむふむ。素材はわかったけれど、どのコースを頼んだらいいかわからない!
    実際にはどんな素材がはいっているか見てみたい! そんな方は、下記を是非参考にしてください。




    確認ポイント3)
    花嫁わたでは、布団の分類を大きく2種類の分けています。
    写真と一緒にご確認ください。


    1)羽毛布団と羽根布団

    s04-5.jpg ←ふわふわ宙を舞ってしまうなら
     羽毛に間違いなし!










    羽毛の種類に関わらずリフォーム可能です。
    ただし、羽根敷布団または、羽根枕などはお取り扱いできません。

    羽毛の掛布団をお持ちの方は、下記のコースでご注文いただけます!
    →羽毛布団リフォームコース ※上に掛ける羽毛の布団



    2)わた布団と羊毛布団

    木綿わた
    s05-3_1.jpg←つぶつぶは綿100%である証拠です








    混綿わた(木綿とポリエステル)や化繊わた(ポリエステル)
    s05-3_2.jpg←ポリエステルは真っ白で少しキラキラしています








    羊毛わた、羊毛混わた(羊毛とポリエステル)
    s05-3_3.jpg←羊毛の柔らかい繊維写真でわかりますか?









    ※真綿(絹)・毛綿・毛布・ムートンは打ち直しできませんのでご注意ください。
    真綿(絹)
    s05-3_5.jpg←昔の高級なお布団によく使われていたそうです。








    毛綿(反毛)
    s05-3_4.jpg←色がついているのですぐわかりますね。










    わたや羊毛の布団をお持ちの方は、下記のコースでご注文いただけます!

    →わた・羊毛掛布団打ち直しコース ※上に掛ける、わたや羊毛の布団

    →わた・羊毛敷布団打ち直しコース ※下に敷く、わたや羊毛の布団

    →ベッドにおすすめリフォームコース
     ※ベット用の上に掛ける、わたや羊毛の布団と下に敷く、わたや羊毛の布団


    →その他のわた打ち直しコース ※座布団やこたつの掛布団、
     ベビー用布団、ジュニア用のわたや羊毛の布団




    花嫁わたでは布団についてのご相談を受付ております。お気軽にお問い合わせください!